スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察違人伝! Vol.4 とばしのしょうやん


201609032215542fa.jpeg



日曜ポリスストーリー


警察違人伝!


Vol.4



とばしのしょうやんの巻












しょうやんは、ドロ刑





つまり、盗犯捜査ひとすじのベテラン刑事








しかし、数年前、逮捕した犯人を取り調べ中






取り調べ室から犯人に逃げられた過去があった




以来、刑事から外れ、



とばしのしょうやん



と呼ばれるようになった







時は、流れ



しょうやんは、



タカがいる生活安全課で机を並べることになった







ある暑い夏の昼下がり








タカは、シャブの所持容疑で、






シャブ患のカズユキのアパートをガサ入れした



捜査員は、タカ、しょうやん、わか、まーぶー




女性刑事ミキの5人だった





女性刑事ミキがインターホンを押すと



女好きのカズユキは、アッサリとドアをあけた








タカ




警察や!



シャブの所持容疑でガサいれする






カズユキ



誰がチンコロ(密告)したんか知らんけど



シャブなんか、してへんわい!







しかし、カズユキの声は、震え



視線は、定まらず


異様に汗をかいていた




それこそ、シャブを使用しているもんの特徴やった







タカは、捜査員を指揮し、手分けして、ガサを開始した




ガサ中は、容疑者の動静を監視し、証拠品を捨てられたり



しないよう、監視員をひとりつけるのが鉄則だった







しょうやん



俺、カズユキ見てるわ







タカは、とばしのしょうやんを監視には、つけたくなかったが





大先輩のしょうやん、自ら名乗り出たので、



だめとは、言えなかった






まぁ、部屋の鍵は、かけたし、ここは、2階なんで、



大丈夫や




とタカは、考えた






しょうやんは、カズユキの3部屋ある一室の寝室で



カズユキを監視していた





タカらは、カズユキの寝室のガサをすませ




しょうやんとカズユキを寝室に残し



他の部屋のガサを続けた








タカらが、テレビの置いてある居間のガサをしている時だった





寝室から、




おい!逃げたぞ!




と、しょうやんの小さな声が聞こえた気がした






わか




今、逃げたと聞こえませんでした?






タカらが、寝室に駆けつけると





窓があき、しょうやんがひとり部屋にいた





しょうやん


この窓から、カズユキ飛び降りよった



すぐに窓の下を見たけどカズユキは、おらんだ






タカらは、外に出て、カズユキを探したがどこにも




カズユキは、いなかった






しょうやんは、言った




おい、逮捕してへんから居なくなっても



別にかまへんやん







とばしのしょうやん



恐るべし…




その呼び名は、伊達では、なかった…



つづく…




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名張タカ

Author:名張タカ
登場人物
名張タカ:私 アラ還おやぢ 立ち呑みを愛する痛風持ち
まりりん:嫁はん 我が家の文化部部長
りんりか:長女 大3
ちかっち:次女 大1
 ミー :うち猫 我が家の女王さま 13歳? 貫禄満点

記事と関係ないコメは削除させていただきます

別館 昭和流行歌、猫、甘いもんもよろしく
http://blogs.yahoo.co.jp/nabari_taka3

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
細々カウンター 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。