スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小金井事件被害者への対応に、喝! 値上げしても貧サラの味方! すき家朝食





小金井事件に思う






重体から快復した



大学生アイドルの



被害者が負った心身の傷






更に、




殺されるかも知れない




と聞いてないと言いはる担当警察官と





警視庁に絶望








関係資料や被害者の話しを聞いて、何の危機感も持たなかった?





警察官としてのプロ意識の欠如





一般人だってかなり危険だと分かる





もちろん警視庁の幹部以外、良識ある警察官だって





この対応を聞いて、




しっかりしろ





と思ってることでしょう








被害者に寄り添う




真剣に考えてるの



と批判されるのも当然でしょう







警視庁が一番大切なことと考えたのは



被害者が必死の想いで訴えた




殺されるかもしれない




と言う思いを





被害者から聞かなかったこと…












勉強が出来る常識のないキャリアに媚びを売る組織
















 東京都小金井市で5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)がファンの男に刺され重体となった事件で、警視庁は16日、一連の対応を検証した最終結果を発表した。冨田さんが「事件前、『殺されるかもしれない』と警視庁に伝えた」と話していることを明らかにした上で、「恐怖心をくみ取り、早急に安全を確保する必要のある事案だった」と結論付けた。

【特集】芽を摘み、過激化防ぐ ストーカー被害防止・専門家分析


 同庁によると、11~12月、冨田さんから数回にわたり聞き取りを行い、冨田さんは「武蔵野署に相談に行った際、『殺されるかもしれない』と伝えた」と主張した。同署員は「そのような言葉は聞いていない」と話しているという。
 冨田さんは事件前の5月9日、岩埼友宏被告(28)=殺人未遂罪などで起訴=が書き込んだツイッターなどの資料70枚以上を同署に持参した。署員は危害を加える具体的な文言がないことなどから、切迫性はないと判断。ストーカー事案を専門的に扱う「人身安全関連事案総合対策本部」に報告しなかった。(2016/12/16-18:36)







さぁ〜てぇ〜とぅ〜♪




昨日は、夜勤あけ




特養に入所する母との



週末デートに備え



貧サラの味方


すき家名張店で



朝飯を〜





注文は、いつもの



20161218072501756.jpg


たまごかけ朝食


ごはんミニ



温玉変更



200円




おっ!



ポテサラが付いてます








20161218072458b80.jpg




温玉



とろりんちょ〜♪




20161218072506f6b.jpg





30円値上げしてるやん





20161218072509d70.jpg


メニューも増えてますね〜



20161218072504ff6.jpg



吉野家に対抗か…




値上げしても


230円



まだまだ貧サラの味方

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名張タカ

Author:名張タカ
登場人物
名張タカ:私 アラ還おやぢ 立ち呑みを愛する痛風持ち
まりりん:嫁はん 我が家の文化部部長
りんりか:長女 大3
ちかっち:次女 大1
 ミー :うち猫 我が家の女王さま 13歳? 貫禄満点

記事と関係ないコメは削除させていただきます

別館 昭和流行歌、猫、甘いもんもよろしく
http://blogs.yahoo.co.jp/nabari_taka3

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
細々カウンター 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。